チャールズ・ダーウィン

チャールズ・ダーウィン

 
クスコ゚ーフテヨ: 科学 >> チャールズ・ダーウィン

チャールズ・ダーウィン ― 肉親
チャールズ・ダーウィン(1809-1882年)はイギリスのシュロップシャー州シュルーズベリーで生まれました。彼は父ロバート・ダーウィン(1766-1848年)と、母スザンナ・ウェジウッド・ダーウィン(1765-1817年)の間に、6人兄弟の5番目の子供として生まれました。チャールズはその当時非常に著名な父方の祖父であるエラズマス・ダーウィン(1731-1802年)と母方の祖父であるジョサイア・ウェジウッド(1730-1795年)の孫息子でした。祖父エラズマスはひたむきな進化論者であり、彼の有名な著作の中には「ズーノミア」(Zoonomia)や「有機的生命の法則」(1794-1796年:2巻に及ぶ)などが上げられます。下記は彼の死後に出版された詩「自然の宮」(1802年)の抜粋で、「生命は岸辺のない海の波の下に埋もれた真珠のような溝で生まれ育まれた: 始めの何分かは見えない球状のガラス状で泥と一緒に、または水圧にながされていた;これらが次第に開花して行くとき新しく力となる体肢が必要であったはずだ;そこから数え切れないほどの植物とヒレと手足と羽を持つものが生まれた。」と書いています。

チャールズ・ダーウィン ― 教育
チャールズ・ダーウィンは1822年にシュルーズベリーの寄宿舎校へ入学し、3年後父の医業を助ける理由で親元を離れエジンバラ大学で医学を学ぶ。1827年、19世紀前半に行なわれていた手術方に恐怖を覚えエジンバラ大学を脱落した彼は、英国国教会の牧師になるべくキリスト教大学のケンブリッジに入学しまし1831年には神学の学士号取りました。ケンブリッジ大学在学中に彼は植物学者および鉱物学者のジョン・スティーブンス・ヘンズロー(1796-1861年)のアドバイスも受けました。その後、ダーウィンはヘンズロー教授から自然主義者を必要としていたビーグル号の船長ロバート・フィツロイ(1805-1865年)に紹介されました。1831年8月彼は自然主義者の船員としてビーグル号(HMS Beagle)の航海へ招待され、この5年間の船旅(1831-1836年)は彼の運命を変えることとなったのです。

チャールズ・ダーウィン ― HMSビーグル号の航海
チャールズ・ダーウィンの生涯の実績(種の起源と生存競争 ― 1859年出版)の土台となったのは航海中のビーグル号(HMS Beagle)での研究でした。また彼は航海先である南米の海岸でシャーガス病におかされ、亡くなる1882年まで腸の病気と慢性疲労に悩まされました。ダーウィンは航海前ヘンズロー教授からチャールズ・ライエル(1797-1875年)の「地質学原理」(Principles of Geology : being an attempt to explain the former changes of the earth's surface, by reference to causes now in operation - 1830-1833)を学ぶようにと薦められました。ヘンズロー教授は「真実を知るためには必ずそれを読みなさい、ただし、野蛮な理論は決して信じなように。」と助言しています。1 彼はこの助言と、「地質学原理」の第一巻目を航海に持参し、第二巻は航海中に取り寄せています。 ライエルの著書はダーウィンの考え方を大きく変えることになりました。まず、彼は聖書の創世記に疑いを持つと共に(ライエルは聖書と対照的な考えをもっていました)生命はすべて時間をかけて進化した説への土台を築いたのです。したがって、彼の国教会の神父のキャリアは神学と相反する方向へと転換しました。このようにライエルの「地質学原理」はダーウィンの人生の転機となったのです。

チャールズ・ダーウィン ― 種の起源と自然選択説(natural selection)
チャールズ・ダーウィンは1836年イギリスに戻り、王立学会特別研究員に選ばれています。その5日後には彼の従姉妹であるエマ・ウェジウッドと結婚しました(子供は10人)。1842年、ライエルの「地質学の原理」及びトーマス・マルサスの「人口論」(1798年)に大きく影響された「種の起源」を書き始め1859年に発刊されました。

ダーウィンは進化論に基づく世界観を創作した訳ではありません。むしろ「自然選択」の新しい哲学を生み出したといった方が適切です。彼の著書「種の起源」では、自然選択説(natural selection)から生物の進化を説明することができると論じています(さらに、進化は突然異変だと定義しています)。しかし現在遺伝子突然変異の観点からさえも自然選択説は不完全であることが認識されているのです。事実過去50年間の分子生物学、生化学、および遺伝学の進歩にからダーウィンの理論は「危機の理論」と言えるでしょう。 " 2

さらに知る!

【脚注】

1 Richard Milner, The Encyclopedia of Evolution, p.286.
2 Michael Denton, Evolution: A Theory in Crisis, 1986, p. 250.


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く



English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


自然科学的見解、自然科学的一般論

チャールズ・ダーウィン
進化論の証拠
創造論の証拠
創造論対進化論
人類の進化
ダーウィン進化論
宇宙の起源
種の起源
人類の進化

理論的見解、哲学的見解、一般的人生観
真実の立証、真理の立証 
有神論
世界の宗教創設者
世界の宗教、一般の宗教
真理を発見 真実を発見、真相を見出す
一般的課題
人生の課題
癒しと回復
 
 
 
捜す
 
Add チャールズ・ダーウィン to My Google!
Add チャールズ・ダーウィン to My Yahoo!
XML Feed: チャールズ・ダーウィン
科学 家 | 支える | 検索
著作権 © 2002 - 2014 AllAboutScience.org, 著作権所有.