自然科学についての全て

自然科学についての全て

 - 知識と発見

自然科学的見解、自然科学的一般論



  • 種の起源: ダーウィンの発見と進化論の基礎。自然選択説の理論と応用。最新の科学を探る。
  • インテリジェント・デザイン: ―\ 機械的で生物学的なマシンの真実とその追求。自然発生説 vs. コンセプトとデザイン。分子レベルにおける驚くべき複雑性
  • ダーウィン進化論 : 分子生物学、生化学、遺伝学、および情報理論の進歩と進化論の危機
  • ビッグバン宇宙論: ビッグバン宇宙論の背景、歴史的な地盤、問題を探る構\文。起源への究極の追求とその答え。
  • 熱力学第二法則: 熱力の法則, エントロピーの増加, 混乱、偶発性、およびカオス, 宇宙の誕生
  • チャールズ・ダーウィン : 起源の進化論。家系と教育の背景。ビーグル号と種の起源。引き続く影響。
  • 自然科学についての全て: チャールズ・ダーウィン、生命の起源、2重鎖DNA、そしてさらに多くを学ぶ!新しいアイデアの発見とそれががあなたの生活にどのように影響するでしょうか。
  • 人類の進化: ヒトは100万年前から存在した類人猿から発達した。その理論の概念について探る。
  • 生命の起源: 自然発生説の盛衰。フランチェスコ・レディ, ルイ・パスツール, チャールズ・ダーウィンの進化論とその誤伝
  • DNA二重らせん: DNAの二重らせんは重大な科学の発見です。それは偶発性か神の介入を示すのでしょうか?
  • 相対性理論: アインシュタインの重力に関する理論。仮定と近似
  • 進化論対創造論: 起源に関する大論争:説、論争、証拠。証拠の欠如と結論。
  • 進化論: 有機生命が進化するについては、最小限5段階の主要過程が必要となる。
  • 化石記録に伴う問題: ダーウィン自身が言うように、化石記録の証拠が発見されなければ巨視的進化論(マクロ進化)は期待を裏切る。
  • 人間の目: 網膜、瞳孔、虹彩、角膜、水晶体、視神経とそれに関連した約40に上る単独のサブシステムを備えた完全なシステム。
  • 実在する神の証拠: 何が神を実証する要素となるのでしょうか? 神の摂理である素晴らしい知的デザインの証拠を発見しましょう!
  • 地球の年代: 若い地球と古い地球のモデルはあるのですか? 歴史を見直す大多数の意見。放射性年代決定。自然のクロノメーターは若い地球を指示。
  • 地球の年代: なぜ地球の年代が重要なのでしょうか? 二つの世界観? 私たちは知識を得ているのでしょうか、それとも思想を吹き込まれているのでしょうか?
  • 地球の年齢: 若い地球 対 古い地球。限定要因を学ぶ。磁界。若い地球。
  • 放射性炭素年代測定: 前提と、その方法と、議論。一般的になった年代測定法について科学者達の見解は? 見てみましょう!
  • 天変地異説: 斉一説と地質年代尺度の反対論。天変地異の証拠である地球活動。ノアの大洪水。暗示。
  • インテリジェントによるデザイン説: デザインにはデザイナーが必要か? 特有のシステムを備えた生物のデザインは自然淘汰の産物か?、
  • 宇宙の起源: 私達が見る無神論者のメカニズム。ビックバンとインフレーション宇宙論。進化論。批評。
  • 創造主である神: 天地創造と、どのように神が宇宙を創造したかについての詩歌
  • 単純化できない複雑性: 全ての複雑な器官と微小な組織が徐々にそして逐次に形成されるなど間違ってもあり得ない。
  • 地球は何年経っているか: 歴史的見解と近代の証拠。斉一説と進化論。DNAと化石の証拠。自然のクロノメーターは若い地球を指示している。
  • 人類の進化: 化石の証拠の詐欺\行為と間違いは人類の進化を構\成した。今真実を再調査する。
  • 放射性年代決定: 疑わしい方法で決められる石の年代。信頼できない地球地質年代尺度の基盤。
  • 恐竜の化石: 初期の定義と発見。化層化のプロセス、年代尺度方法の議題、地質時代区分表\と絶滅説;思ったより若い?
  • 絶滅した恐竜: 最近の恐竜絶滅論から考慮すべき証拠の再調査。真実を指し示す圧倒的事実。
  • チャールズ・ダーウィン: 彼は“自然淘汰”、すなわち現在見られる全ての種類は、最初(原始)の単細胞生命から進化したのではないか、と提示しました。
  • 生命の創造: 実験室で生物体のアミノ酸を作り出そうとする実験は現実離れしている。生命は真の奇蹟。
  • ドラゴンについての歴史: 古代文化の中でのドラゴンに関する世界的情報と描写。科学が発展する何世紀も前に古生物学で存在した恐竜の証拠。
  • 創造論についての全て : 世界はどのようにして始まったか、その証拠を研究する。創世記の重要性と科学がいかに適合するか? 事実を調査する。
  • DNA分子: 有機生命は非常に複雑な情報コードである。今日の複雑なソ\フトウェアコードが秩序正しく作られたと同じように、有機生命も秩序正しく造られた。
  • 進化論と化石記録: 25万の異なった種類と1億を超える化石から、変化する過程のチェーンと呼ばれる過渡期のギャップの現実は現在否定できない。
  • 宇宙の起源: 無限大の集合体は何の理由もなく、どこからともなく現われ、ただ突然拡大し始めた。
  • 偶然発生: いわゆる“初期の惑星?”から最初の生命はどのように偶然に現れたのか?石はどのようにして生物に変わったのか?
  • 創造論の証拠: 信頼できない進化論の証拠。自然的メカニズムの欠如。過渡期の化石の欠如。時間の制約。容認できない科学に基づいたモデル。
  • 微生物: 進化論が、地球の前生物が最初の単純な有機体を築いた、と言う説を基盤としているなら、“単純な”有機生命とは何ですか?
  • 生命の奇蹟: 生命が偶然に現れたと言う説は、1050人の目の見えない人たちがルービックキューブ(立体パズル)を同時に解こうとしているようなもの。
  • 神は存在するのか?: 最近の科学的な証拠の基により、無神論支持は有神論支持より盲信であるとされました。神の存在とその証拠を調べてみましょう。
  • 大洪水: 創世記からの聖書的伝承。世界に広く行きわたる伝承。劇的で人生を変えるような物的証拠。
  • 斉一説: 150年に亘って最も良く知られてきた地質学の理論的枠組み。その主張は何か?その主張を裏付けるものは何か?
  • 旅路についての全て: 皮肉屋で批判的で徹底した懐疑主義者であったランドー・ナイルズ。劇的に変えられた彼の人生を読んでみよう。
  • 細胞: 小都市が複雑で機箔Iに運営しているのと同じように、細胞は多重国「にできていてそれぞれ違った役割が与えられている。
  • 地質年代尺度: 一部の共通した誤解と進化論立証の想定に関する問題の説明。
  • 創造論対進化論: 定義。討議。証拠。挑戦。 宇宙、化学、恒星、惑星、有機体、ミクロとマクロの進化、を再調査する。
  • 哲学的人生観: 私の人生観はプラトやソ\クラテスに影響されていた:どこに到達するかその証拠をたどって見よう(Antony Flew)。
  • インテリジェントによるデザイン: 生物システムは最も奥深く複雑な分子レベルの組織を備えていることが、過去数十\年間の驚くべき発見で明白に立証された。
  • ピルトダウン人: 発見。失われた証拠の環。でっち上げ。犯人。Dawson。 Woodwardと Chardin。全員への警告。
  • 生命の起源: 科学は生命の起源を次のように教えています。地球の前生物、非有機物質が自然のメカニズムとプロセスを通して有機生命を生み出した。
  • 化石の記録: ダーウィンの進化論が支持されている理由から、科学者は化石には有機生命の過渡期の証拠があると考えている。その証拠は私たちをどこへ誘導するのか?
  • 進化論の証拠: 根拠のない進化論のアイコンは、ホモロジー(相同性)、胎生学、自然淘汰の観測と化石の記録を含み今日も尚教科書に見る事が出来ます。

科学 家 | 支える | 検索
著作権 © 2002 - 2014 AllAboutScience.org, 著作権所有.