種の起源

種の起源

 
クスコ゚ーフテヨ: 科学 >> 種の起源

種の起源 ― ダーウィンの発見
チャールズ・ダーウィンの「種の起源」は省略化され、一般的に知られている書名です。正式な書名は、「自然選択に基づく種の起源(On the Origin of Species by Means of Natural Selection)」および、「生存競争で恵まれた品種の保存(the Preservation of Favoured Races in the Struggle for Life)」から由来しています。イギリスの自然主義者、チャールズ・ダーウィン(1809-1882年)は1842年、(彼の運命的な5年間にわたるビーグル号の船旅から戻ったちょうど6年後)に種の起源を書き始めました。1859年に出版した「種の起源」は、チャールズ・ライエル著作の「地質学の原理(第三巻に及ぶ:1830-1833年)」および、トーマス・マルサス著作の「人口論」(1798年)が多大な影響を与えています。

種の起源 ― 自然選択説
チャールズ・ダーウィンは「種の起源」の中で自然選択説の概念を紹介しています。そのしくみは、良性の遺伝子変異を保存し、蓄積するという概念から成り立っています。例えば、ある種の生物が羽を生やし、飛ぶ機能を発達させたとしましょう。その子孫は、その能力を引き継いで、またその子孫へ遺伝を引き渡します。自然選択説はより優れた能力を持ち、生存競争に生き延びる個体が種として残ってゆくと定めています。何世紀もの間、人間は家畜や植物などの交配(ブリード)で劇的な変化をもたらしてきました。徐々に、不利益な特色を抑制し、望ましい特色の遺伝子を保存および蓄積してきたのです。自然選択説と人口によるブリーダーとの違いは、ヒトが良性遺伝の保存を操作するのか、自然がそれを選択するのかの違いです。

ダーウィンのたどり着いた結論は、彼の鋭い観察にしては不完全なものでした。彼は自然淘汰がすべての生物人口の進化とバリエーションを説明できると考えていました。さらにそのバリエーションには最終的にすべての種が帰化するもとの先祖があると、次のように結論付けています。「観察可能で似た特性から、すべての生物は一つの大きな家族ということが確信できる」1 ダーウィニストは現在の生物の先祖は非生物から進化したと論じています。 鳥、バナナ、魚、花などの生物が非生命体から進化したという考えは1800年代ではもっともらしく思えたかもしれません。当時の生物学は初期の段階で、生命の細胞は一滴の原形質だとしか考えられていませんでした。その頃はグレガー・メンデル(1822-1884年)が遺伝のコンセプトの研究を始め、1850年後半にルイス・パスツール(1822-1895年)は自然発生論の誤りに対し論駁しようと試みています。これらの科学者の研究(ダーウィンの進化論の反対者)や過去50年間にわたる生物学、生化学、および遺伝学の物凄い進歩により、ダーウィンの理論はすべてが正しくないことは明確です。例えば、遺伝子のバリアが存在することが確証されました(よって、豚は飛ぶことができない)。種の中で性質の違いがあることは確かです(異なる肌の色合い、顔の特徴、髪質など)。大きく、毛の長い犬もあれば、小さく毛の短い犬もいます。しかし、如何なる種類の犬でも犬以外は産みません。鳥とバナナは遠戚ではありません!自然発生のメカニズムは科学的に証明されていますし、確実なことは、ある自然発生は化学的な規制で不可能だということす。

種の起源 ― ヘンズロー教授の助言
ダーウィンの理論、「種の起源」の背景にはジョン・スティーブンス・ヘンズロー教授(1796-1861)の重要な助言があったことを忘れてはなりません。ヘンズロー教授はケンブリッジ大学のダーウィンの教授のひとりでした。事実上、あのビーグル号の船長、ロバート・フィツロイ(1805-1865年)にダーウィンを紹介したのも、ヘンズロー教授でした。チャールズは航海前に、ヘンズロー教授からチャールズ・ライエル(1797-1875)著作の「地質学原理」を勉強することを進められています。ヘンズロー教授は「事実のために必ずそれを読みなさい、ただし、野蛮な理論を決して信じなように。」と助言しています。2

さらに読む>

【脚注】

1 Charles Darwin, On the Origin of Species by Means of Natural Selection, or the Preservation of Favoured Races in the Struggle for Life, 1859, p. 109.
2 Richard Milner, The Encyclopedia of Evolution, p.286.


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く



English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


自然科学的見解、自然科学的一般論

チャールズ・ダーウィン
進化論の証拠
人類の進化
創造論の証拠
人類の進化
宇宙の起源
ダーウィン進化論
創造論対進化論
種の起源

理論的見解、哲学的見解、一般的人生観
真実の立証、真理の立証 
有神論
世界の宗教創設者
世界の宗教、一般の宗教
真理を発見 真実を発見、真相を見出す
一般的課題
人生の課題
癒しと回復
 
 
 
捜す
 
Add 種の起源 to My Google!
Add 種の起源 to My Yahoo!
XML Feed: 種の起源
科学 家 | 支える | 検索
著作権 © 2002 - 2014 AllAboutScience.org, 著作権所有.