インテリジェント・デザイン

インテリジェント・デザイン

 
クスコ゚ーフテヨ: 科学 >> インテリジェント・デザイン

インテリジェント・デザイン ・機械
単純な機械でも複雑な機械でも、厳密に検査すれば固有の概念が入り組んだインテリジェントなデザイナーの存在が証明されます。 性能の優劣はともあれそこには設計者の存在が認められるのです。情報理論では、概念と設計(デザイン)は「考え」から生じると保持し、設計された機械の性能が悪くてもそこには密接な知的設計者の関与があるのです。フランスの生化学者であり、ノーベル賞受賞者であるジャック・リュシアン・モノー(1910年ー1976年)はこのように言いました:“機械とは、エネルギーを用いて特有の機能を活動させる故意的な集合体である”。 このような信頼性のある前提に基づいて生命の構造を見ると生物の分子構成は機会の働きに当てはまり、哲学や宗教がインテリジェント・デザイナーの関与の結果であるにも拘らず、驚くほど多くの知識階級は偶然的生命発生のメカニズムの発見に奔走しているのです。 しかし進化論を信じる科学者の中にもその矛盾を認めている者もいます。そのひとりである進化論者ジョージ・ウォルドは次のように述べて:

“生命の起源の可能性は、創造か自然発生かのどちらかでその他はあり得ない。100年前に自然発生説は既に反証されているので、超自然である創造論のみ存在する。しかしながら、一般的に不可能な偶然的生命の発生が認められ、哲学上創造論は認識されていない。”(1954年5月、アメリカの科学、“種の起源”191:48から)。

インテリジェント・デザイン ・生命
科学者は日常生活に浸透するインテリジェント・デザインの存在を無視し、生命の起源を解釈するため、自然発生説を通じて進化論を築きました。この「科学的」な理論は非常に特有なものです。一般的に、科学者はデータを観測・解釈し、そのデータに基づいた結論を定式化します。しかし、進化論者全般の「科学的」な結論はデータを基に定式されていないことが多く、実際には事実と反する結論も見受けられています。

インテリジェント・デザイン ・教育
インテリジェント・デザインを示す証拠の実在性は豊富で圧倒的なものです。ここ200年の進化論の再考の間(1859年のダーウィンの種の起源が主流)、進化論者は、彼らの理論を有効にすべく熱心にその証拠を追求しました。しかし、徹底的な科学的調査や実験の果て未だに確信できる証拠は発見されていません。そして、まだ、奇妙にも、進化論の考えは主流派の中に行き渡っています。つまり、進化論「科学者」は、正当な科学的根拠のないことを、哲学と想像により事実であるように訴えてきたのです。「事実上、進化論はある意味で科学的な宗教となり、多くの科学者が妥協し、そのことを認めています」。(H.S. Lipson, Professor of Physics, University of Manchester, UK, "A Physicist Looks at Evolution," Physics Bulletin, vol. 31, May 1980, pg.138)現代の進化論運動の始まり以来、その明確な反証の存在にも関わらず、多大な量の偽りの進化説が教科書のページを占めています。エルンスト・ヘッケル氏の発浮ェこの典型的な例の一つです。ドイツ人の発生学者であるヘッケル氏は様々な動物と人間の胎児の図面を似かよう様に描き、その図面を種の進化の証拠として発浮キることに成功しています。1874年に有名な発生学者のウィルヘルム・ヒス氏がヘッケル氏の図面が詐汲ナあることを立証しました。その後まもなく、ヘッケル氏は詐汲ノよって大学から追放されています。しかし、残念のことに、あれから100年以上も経つ現在でも、その誤った図面が教科書に使われています。このような誤りが学校で未だに教えられているのはなぜでしょうか?なぜ正しい真実が教えられていないのでしょうか?それは、「真実」が明かされていないからです!進化論者のデヴィッド・ラウプ氏は次のように認めています:

“ダーウィンの死後、彼を支持する者達は憶測である進化の証拠の発見にひたすら望みを於いているが、それらは未だに発見されていない。しかし教科書に忍び込んだのは彼らの完全なる幻想と頑固な楽天主義である。”(“進化論と化石の記録”科学誌、1981年7月号、頁289から)。

彼らの「完全なる幻想」は政治的に公正な「計算された嘘」のようである。

インテリジェント・デザイン ・DNA
インテリジェント・デザインの適切な例はDNA分子です。1953年のジェームス・ワトャ梼≠ニフランシス・クリック氏による発見以来、進化論者は克服しがたいハードルに面してきました。DNAはとてつもなく微小で、デジタルな物質であり、自己修正、余剰、情報記憶、および情報検索の機狽ヲたシステムです。さらに、DNAは独自の言語コードを有し、どの生体物質からも有機体を発生させることができ迫ヘを秘めています。DNA分子の神秘を深く捜索する誰もは、生命がインテリジェント・デザインの結果だということを理解しています。DNA分子などの最近の発見の観点から、進化議論の不条理は、起源の創造モデルとの比較によって容易に明らかです。創造の法則は「物質+エネルギー+情報=高レベルで複雑な生命」です。一方、進化の法則は「物質+エネルギー+偶発性」です。この進化の法則は単なる宗教的な考えであり、インテリジェント・デザインの存在をけなすものなのです。

さらに知る>


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く



English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


自然科学的見解、自然科学的一般論

種の起源
進化論の証拠
生命の起源
DNA二重らせん
ダーウィン進化論
チャールズ・ダーウィン

理論的見解、哲学的見解、一般的人生観
真実の立証、真理の立証 
有神論
世界の宗教創設者
世界の宗教、一般の宗教
真理を発見 真実を発見、真相を見出す
一般的課題
人生の課題
癒しと回復
 
 
 
捜す
 
Add インテリジェント・デザイン to My Google!
Add インテリジェント・デザイン to My Yahoo!
XML Feed: インテリジェント・デザイン
科学 家 | 支える | 検索
著作権 © 2002 - 2014 AllAboutScience.org, 著作権所有.